女性

庭を綺麗に|草取りが行えない場合は業者に相談を

森の木々を守るため

木

木を切るというのは、他の木々を育てるために必要な行為です。これを間伐といいます。例えば、山にたくさんの木が生い茂っていたとします。そうなると、木の一本一本の成長は非常に悪くなってしまいますし、小さな植物はほとんど育たなくなります。その理由は木が生い茂ることによって太陽の光が差し込まなくなるからです。そうなってしまうと、山の生態系にも大きな変化が訪れてしまいます。具体的には環境の劣化です。小さな植物を食べる生き物が減り、その生き物を食べる動物も減ってしまい、全体的に生き物が住みにくい場所になってしまいます。他にも、日光不足によりほかの木々も成長しないため、細く弱々しい木しか生えません。そうなってしまうと、支える根っこも短くなり、倒れやすくなってしまいます。そうなった場合、土砂崩れで木は倒れやすくなり、地すべりとともに木は人里の方へ流されていき、甚大な被害をもたらします。このように、木を生い茂らせたままにしておくと様々な問題が発生します。それを解決するのが間伐です。
間伐により、適度に木を間引き日光をまんべんなく行き渡らせるようにすることで、植物は育ちやすくなり、植物を餌にする動物も育つようになります。その結果、山は全体的に活き活きとし、豊かな森林へと姿を変えていきます。木を切り倒すことにより自然はより豊かになり、生態系のバランスを守ることが可能になります。そんな間伐は主に業者に依頼をして行うのが一般的です。